レトロでしょ?なにもかもが懐かしい。

レトロなお店の中
サービス一覧
サービス一覧
サービス一覧
サービス一覧
サービス一覧
サービス一覧
BODIES
ENJOY MYSELF
SERVICE
SUPPORT
QUESTION
BBS

※職員の主観で作成しています。好みは、人それぞれです。
そのことを踏まえてお読み下さい。

(敬称略)

■熊岡のかたパン

善通寺の境内を南北へ横切る一方通行の路地(道幅が車1.7台分ほどの幅)にある超有名店です。
食べログ(インターネット)でも、早く行かないと売り切れしますと書いてあるほどです。
取材時は、雨が少し降り出してきたにもかかわらず、次々とお客さんが訪れていました。

店内も店外もなんというかレトロそのものです。いったい何年前から現在のお店の姿で営業されているのか?
創業115年という話らしいので、その頃からそのままだとしたら貴重なお店です。

かたパンという商品ですが、実際は、石パン・角パン・丸パン等が商品ケースに書いてあり、それぞれの味を
かもしだしています。味も懐かしいというか・・どこかで出会ったことのあるような味で、
唾液で溶かしながら味が染み出てくる、ゆっくり味わって食べたいお菓子です。

お店の外観。善通寺を参拝する方には、わかりやすい場所にお店はあります。道も狭く車で行くのはどうかと思いますが、どうしてもと言う方は、善通寺病院南側の三村のパン屋さんから北へ入るのもひとつの行き方かなと思います。

下にあるぼうろですが、かたパンのお店の
イメージとは、180度反対で、唾液でほんのり
溶けていきます。

どこかで食べた味だなぁ~と考えていたら、
ベビーボウロというお菓子に近いかも。
そりゃ懐かしいはずです。

この袋に入れてくれます。

商品の陳列は、上2枚の写真のようになっています。商品の価格は、(取材時に)
下の左から石パン(石のように固い)100g150円・角パン1枚30円・小丸パン1枚15円・ぼうろ100g180円です。
(2011年10月13日に取材しました。)

クリックするとTOPページへ戻ります。