□ 概要

  1 住居確保給付金の目的
    離職又は自営業の廃業(以下「離職等」といいます。)によって経済的に困窮し、住居を喪失した方(以下「住居喪失者」
   といいます。)又は住居喪失のおそれのある方に対し、家賃相当分の住居確保給付金を支給することによって、住居及び
   就労機会の確保に向けた支援を行います。
  
  2 実施について
    支給審査や支給決定については、善通寺市が行います。
    相談、受付、受給中の面接等の住居確保給付金の窓口業務については、生活自立相談支援センターつながるねっと
   において行います。
    流れ
     申請手続き  →  生活自立相談支援センターつながるねっと
      →  アセスメント(聞き取り、調査分析)  →  自立支援計画作成
       →  担当者会議  →  支援調整会議  →  支給決定(善通寺市)

  3 支給要件(以下のいずれにも該当する生活困窮者)
   (1) 離職等によって経済的に困窮し、住居喪失者又は住居を喪失するおそれのある方
   (2) 申請日において65歳未満であって、かつ、離職等の日から2年以内であること
   (3) 離職等の日において、その属する世帯の生計を主として維持していたこと
   (4) 公共職業安定所に求職の申込みをし、誠実かつ熱心に常用就職を目指した求職活動を行うこと
     ※ 誠実かつ熱心に常用就職を目指した求職活動とは
      ア 月4回以上、生活自立相談支援センターつながるねっとの面接等の支援を受けること
      イ 月2回以上、公共職業安定所で職業相談を受け安定所確認印をもらうこと
      ウ 原則週1回以上、求人先へ応募を行う又は求人先の面接を受けること
   (5) 申請日の属する月における、申請者及び申請者と同一の世帯に属する方の収入の合計額が、市民税均等割の
     非課税限度額の1/12に申請者の居住する賃貸住宅の家賃額を合算した額以下であること
   (6) 申請日における申請者及び申請者と同一の世帯に属する方の所有する金融資産の合計額が基準額×6(ただし
     100万円を超えないものとする)以下であること
   (7) 国の雇用対策による給付又は地方自治体等が実施する住居を喪失した離職者に対する類似の給付を、申請者
     及び申請者と生計を一にする同居の親族が受けていないこと
   (8) 申請者及び申請者と生計を一にする同居の親族のいずれもが暴力団員による不当な行為の防止等に関する法
     律(平成3年法律第77号)第2条第6号に規定する暴力団員でないこと

  4 支給について
   (1) 支給額 月ごとに家賃額を支給します。ただし、申請者及び申請者と生計を一にする同居の親族の収入合計額
     が住宅扶助基準に基づく額を超える場合は  →  支給額=家賃額ー(月の世帯収入ー基準額) 100円未満の
     端数が生じたときは切り上げます。支給額が100円未満であるときは100円とします。
   (2) 支給期間  3か月間を限度とします。
   (3) 一定の要件を満たせば申請によって3か月間を限度に2回まで延長することができます。
   (4) 支給開始月 新規に住宅を賃借する場合 初期費用として支払を要する家賃の翌月以降の家賃相当分から
               現に住宅を賃借している場合 支給申請日の属する月に支払う家賃相当分から
   (5) 支給方法 原則として、善通寺市から賃貸住宅の貸主又は貸主から委託を受けた事業者の口座へ振り込みま
            す。ただし、支給対象者を経ずに確実に賃貸住宅の貸主にわたることが確保できる場合、口座振込の
            方法に限りません。
   (6) 再支給  常用就職の後、解雇された場合に限ります。
   (7) 支給中止 就職活動を怠る場合で、指導に従わない場合は、当事業所からそれらの状況を善通寺市へ報告し
            善通寺市が支給中止の処分を行います。

  5 その他
   ※ 初期費用、共益費、管理費等は対象外です。
   ※ 住居扶助特別基準額が上限。それを超える額は自己負担となります。
   ※ 滞納した家賃へ充当することはできません。
   ※ 申請内容に偽りがあった場合には、返還義務があります。

□ 申請等に必要な書類など詳しいことは、
  生活自立相談支援センターつながるねっとへお尋ねください。

クリックするとTOPページへ戻ります。

お気軽にご相談ください。
サービス一覧
サービス一覧
サービス一覧
ENJOY MYSELF
サービス一覧
サービス一覧
BODIES
SERVICE
SUPPORT
QUESTION
ぜんつうじ生活自立相談支援センター つながるねっと
4月1日 開設!
フリーダイヤル      つなぐ        しあわせに
0120-279-482
住居確保給付金について
一般電話
0877-63-6401

 さまざまな理由から生活に困りごとを抱えている方の
 一人ひとりの状況に合わせて
 専門の支援員が寄り添いながら解決に向けた支援をするため
 相談窓口
 「ぜんつうじ生活自立相談支援センター つながるねっと」
 を4月1日から開設しています。