総合相談・援助センター
香川県内に居住(又は予定)している人
①低所得世帯 世帯の収入が一定基準内の世帯 
②障害者世帯 身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている人の属する世帯
③高齢者世帯 65歳以上の高齢者の属する世帯 
サービス一覧
サービス一覧
サービス一覧
サービス一覧
ENJOY MYSELF
サービス一覧
SUPPORT
BODIES
SERVICE
QUESTION
 総合相談・援助センター ①他法・他制度(日本学生支援機構、母子寡婦福祉資金、その他の公的資金の借入等)の利用ができる人の属する世帯
②すでに生活福祉資金等を借入れて、滞納している人の属する世帯及びその連帯保証人 
 総合相談・援助センター 最終償還期限を過ぎた場合は、残元金に対して年10.75%の延滞利子が加算されます。
 総合相談・援助センター 貸付資金、貸付金額により異なります。
総合相談・援助センター
この貸付制度は、低所得者、障害者又は高齢者に対し、資金の貸付けと必要な相談支援を行うことにより、その経済的自立及び生活意欲の助長促進並びに在宅福祉及び社会参加の促進を図り、安定した生活を送れるようにすることを目的としています。
 総合相談・援助センター   ①総合支援資金・福祉費(福祉資金) 連帯保証人を立てる場合:無利子
連帯保証人を立てることができない場合:年1.5%
②教育支援資金・緊急小口資金(福祉資金) 無利子
③不動産担保型生活資金・要保護世帯向け不動産担保型生活資金 年3%又は当該年度における4月1日時点の銀行の長期プライムレートのいずれか低い利率 
 総合相談・援助センター    ①申込相談窓口 善通寺市にお住まいの方は、善通寺市社会福祉協議会
(または担当の民生委員さん)
(要保護世帯向け不動産担保型生活福祉資金については、善通寺市福祉事務所)
②連帯保証人 原則として1人必要。但し、連帯保証人を立てることができない場合でも貸付可能。※緊急小口資金、要保護世帯向け不動産担保型生活福祉資金については不要
③連帯借受人 就職、転職、就学又は技能を習得するために、福祉費又は教育支援資金を借入れる場合は、生計中心者が連帯借受人として加わることが必要。その場合は、原則として連帯保証人は不要
④添付書類 資金の種類により、添付書類が異なります。

貸付資金の種別毎の詳しい説明は、こちら 

                 総合相談・援助センター  
※平成21年10月1日~平成23年度末(予定)
住居のない離職者で離職者を支援する公的給付又は公的制度の申請を受理されている人に対して当面の生活費を貸付ける資金
●貸付金額 10万円以内
●貸付利率 無利子
●償還期間 原則一括
●延滞利子 なし
●連帯保証人 不要
 総合相談・援助センター 貸付は、県社会福祉協議会が審査を行います。審査結果によっては、資金の貸付けができない場合があります。

クリックするとTOPページへ戻ります。