※社会福祉法人への寄附は、税法上の優遇措置が受けられる可能性があります。 

寄附者が個人の場合 (所得税法第78条第2項該当)

寄附金が2,000円を超える場合(寄附金の額が所得金額の40%を超える場合は、40%を限度とする)その超えた金額が確定申告によって、当該年の所得から控除される可能性があります。
(例)
年間所得が500万円の方が、50万円を社会福祉法人に寄附した場合、49万8千円の寄附金控除が受けられます。

確定申告の際には、領収証を所轄税務署へご提出ください。

寄附者が法人の場合(法人税法第37条第2項該当)

寄附をした法人は確定申告によって、つぎの限度内で法人税法上損金算入ができる可能性があります。

(1)一般損金算入限度額(法人税法第37条第1項該当)

(資本金等の金額×0.0025×事業年度の月数/12+当該事業年度の所得金額×0.025)×0.5
この一般損金算入限度額は、社会福祉事業を含めあらゆる寄附金について損金算入が認められている限度額です。

(2)社会福祉法人等に対する寄附金の特別損金算入限度額(法人税法第37条第4項該当)

社会福祉法人、学校法人及び試験研究法人等に対する寄附金は、その合計額について上記(1)の一般損金算入限度額のほかに、別枠で損金算入することができる可能性があります。
(資本金等の金額×0.0025×事業年度の月数/12+当該事業年度の所得金額×0.055)×0.5

この場合には確定申告書に法人税法第37条第4項の規定による損金算入を行った旨を記載した法人税法施行規則別表第14の 「寄附金の損金算入、試験研究法人等に対する寄附金に関する明細」(用紙は税務署にあります)を添付してください。

(1)と(2)の限度額は、併用することができます。
(例)
例えば、資本金10億円、当該事業年度の所得3億円の1年決算の会社が、社会福祉法人のみに寄附した場合は、(1)の限度額は、500万円、(2)の限度額は、875万円ですから合計1,375万円までの寄附について損金算入することができます。

尚、法人は、必ず会計処理において損金算入してください。

※これらの措置を受けるため確定申告に、善通寺市社会福祉協議会の発行する領収書が必要となりますので、大切に保存してください。

※詳細は、所轄税務署へご照会ください。

 ※公職選挙法による寄附等禁止行為に特別会員会費、賛助会員会費は、抵触する恐れがあります。

クリックするとTOPページへ戻ります。

 会長メッセージ 
 ■地域福祉計画・地域福祉活動計画 
 法人案内 
 沿革 
 個人情報の取り扱いについて 
サービス一覧
サービス一覧
サービス一覧
サービス一覧
サービス一覧
サービス一覧
会社概要

 (平成29年3月24日現在)

 平成28年度の社協会員への加入依頼を行っています。
 
あわせて、既に会員の皆様へ、本年度の会費の納入依頼を行っています。
 何卒、ご理解を賜りますようよろしくお願いします。

 区分 会費の額   納入方法は、以下からお選びください。
 一般会員 一口 500円 ①香川県農業協同組合 善通寺支店 
 店番号8332 610 普通1787191
 社会福祉法人善通寺市社会福祉協議会
 会長 杉峯 文昭 へお振込み
②善通寺市社会福祉協議会へ直接御持参
若しくは、現金書留等による送金
③別頁記載の役員さん評議員さん等を通じて納入
④加入する自治会を通して納入
(一般会員さんの会費納入などの場合)
 賛助会員 一口1,000円
 特別会員 一口5,000円